任意保険は主に7種類ある

任意保険は主に7種類ある

自動車保険の任意保険というのは、自賠責保険では補償されない部分を補う保険このことで、入っておくといざという時に役立ちます。任意保険に加入すると、自分や相手の車の修理代、破損させた公共物、自分のケガや自賠責保険の補償額を超える金額の補償をしてくれるので、万が一の時の大きな安心材料になります。

 

任意保険は加入する、しないは個人の自由ですが、実際はほとんどの人が加入しています。任意保険には様々な種類があり、『自動車保険の任意保険は主に7種類』あります。まず、対人賠償保険があり、これは他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合、対象となる保険です。

 

他人の車や壁、ガードレールなど、物を破損させてしまった場合の保険は、対物賠償保険になります。他にも、運転手を含む同乗者を対象とした、ケガや死亡した場合に支払われる搭乗者傷害保険や、自分だけで起こした単独事故の場合に適用される自損事故保険、保険金が少なく、賠償金を支払う能力が無い場合に適用される無保険者傷害保険などがあります。

 

自分の車が破損した場合を対象とした保険が車両保険で、ケガをした場合の治療費について、自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険が人身傷害補償保険です。

任意保険は主に7種類ある記事一覧

車両保険に入っているが、原子力発電所の事故による車の損害は補償されますか?

車両保険に入っていて、原子力発電所の事故による車の損害が補償されるかどうかというのは、気になるところですが、残念ながら補償はされません。なぜなら、車両保険では、『核燃料物質もしくは核燃料物質に汚染された物に起因する事故を原因とする損害や、放射線照射、放射能汚染を原因とする損害については、基本的に、保...

≫続きを読む