搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは?

自動車保険には搭乗者傷害保険という補償を付加することができます。この搭乗者傷害保険は、正規の乗車用構造装置のある場所に搭乗中の人が交通事故によって死傷した場合に補償される保険になります。

 

注意しておきたいのが、引越しの荷物を支えるためにトラックの荷台に乗っていて怪我をしたといいような場合には補償されませんし、車から身を乗り出して走行していたところでけがをしたというようなケースにも保険の補償はありません。

 

飲酒運転などの場合にも支払いは行われません。搭乗者傷害保険には2種類の支払い方法があり、一つは1入院や1通院に対して保険金が給付されるパターンです。これは保険金額の0.15%が入院保障として、0.1が通院保障として支払われますが、ケガの程度には関わり合いがありません。

 

もう一つは部位別症状別給付というもので、回復に要した日数に係らず、定められた症状に応じて決まった給付金が支払われるというものになります。治療が長引くと給付金の金額が少なく感じるというケースも多くなります。搭乗者傷害保険は車に搭乗していた人物がけがをした場合には、過失割合に関係なく支払われます。